Update:2015.06.15[Mon]Category : SURF

シャーク参戦でウェアラブル・サーフウォッチは戦国時代に突入

サーファーの時計の老舗といえば、「SHARK(シャーク)」のブランドネームで愛されているFREESTYLE(フリースタイル)のサーファーズ・ウォッチ。

防水機能にボディはタフ。安くてカラーが豊富。海の中でも安心して装着できる時計として、サーファーの間では一斉を風靡し、今もなおファンを世界中にもつ老舗ブランドである。

そのサーフウォッチ。

今までは防水機能とタイドグラフの内蔵までだったが、ITの進化によって時計がスマートフォンの子機のような役割を果たしはじめている。受信、発信が可能な時計、いわゆるウェアラブル次世代ウォッチとして進化し、その波が押し寄せている。

老舗「SHARK(シャーク)」は後発となるが、かなりコストダウンしたその次世代ウォッチ「SHARK TOOTH(シャーク・トゥース)」を2年の開発の歳月をかけ本国で発売開始。これによりサーファーの腕時計は戦国時代に突入する様相だ。

進化したサーフウォッチを先駆けて発売したのは、世界の総合サーフブランドとして昨今ではその人気を盛り返しているリップカール社である。サーファーのための腕時計として「Search GPS」と呼ばれる時計とアプリをどこよりも先駆けてリリースしたのは2014年のことだ。

 via: RIP CURL GPS ONE

タイドグラフがついたサーフウォッチながら、サーフィン中に装着すれば、その後のBLUETOOTH®での同期により、アプリ上で自分のサーフィンの距離や本数、スピードなどの履歴を残した情報をスマホ上で閲覧が可能、また世界のトップサーファーの同様のサーフィン履歴や、世界中のサーファーと繋がることにより情報を共有することができるという画期的な時計だ。

BLUER過去記事 参照:老舗サーフブランド・リップカールのIT戦略

リップカールは世界中のサーファーのネットワーク構築を意図するかのような戦略も垣間みられ、彼らのIT化促進の本気度が見て取れるものでもあった。

その後発とはなったのが、横のり系のみならずタウンでのファッションウォッチとして人気を博すNIXON(ニクソン)が「ULTRATIDE」というサーフウォッチを発売したばかりだ。

via : NIXON ULTRATIDE

リップカールとはおもむきが違い、その名のとおり、潮汐表に加えて世界中の波情報(波予測)を閲覧することができるウォッチ。

そして今回の老舗「FREESTYLE」から発売の「SHARKTOOTH(シャーク・トゥース)」は、リップカールの「Search GPS」とNIXONの「ULTRATIDE」のイイとこ取りをしたような商品にも思える。

 ・世界中の波情報(波予測)データが閲覧可能
 ・もちろん世界中の潮汐も完備
 ・スポーツモードでサーフィンの時間、距離、カロリー、速度(平均および最大)、高度、方向などを記録、スマートフォンappで閲覧可能
 ・音楽のコントローラ機能(制御機能)
 ・カメラのコントローラ機能(制御機能)




via : FREESTYLE SHARK TOOTH 

リップカール「SEARCH GPS」の記録できるログ機能と、世界中の波情報(波予測)が閲覧できることに加え、音楽再生やカメラなど、スマートフォン側のコントローラ機能も含めるなど、まさに時計とスマートフォン間の操作性を向上させている楽しみも盛り込まれている。

また注目は大きく2つある。

1つは「SHARK TOOTH」の価格がかなり安いことだ。

日本では未発売ながら、既に発売されているUSでは120ドルと安い。一方、NIXONは正規で300ドル、リップカールの「SERCH GPS」は400ドルともっとも高い。もちろん後発になればなるほど、商品の差別化と価格の安さが可能となる。そして「SHARK」は持ち前のカジュアルさを武器に、時計のインターフェースや文字のシンプルさ、アプリも洗練されすぎない高度な表現ではなくなじみやすいインターフェースを採用しているように思える。

3社にとって、当然、価格はユーザーが選定する大いなる基準の1つ。その点「SHARK」は有利には見えるが、各社にはファンもついているために、ブラン力や付加価値に対しユーザーが何処にいくらまでお金を出すか、というところだろう。

もう1つの注目は、波情報を提供している波情報カンパニーの戦いの構図が垣間見えることである。

1番手のリップカールは、IT波情報としては老舗の「MAGIC SEAWEED(マジックシーウィード)」の情報を活用。一方で、NIXONとFREESTYLEは、今や、波情報として、メディア広告事業を含めもっともビジネス的に成功している「SURFLINE(サーフライン)」の波情報を活用している。

グローバルな波情報といえば、ほぼこの2社が独占状態でもある。本体の時計を支えるこの2社の「波情報」におけるシステムの戦いでもある。

ただ今回、「SHARK」にはSURFLINE社の通常の波情報に加えて、「BUOY WEATHER」「FISHTRACK」というSURFLINE社内の並列チームである気象と、フィッシャーマン向けのメディアFISHER TRACKという魚群探知予測を行う研究チームも参加していることは非常に興味深い。同じ情報を使ったNIXONとも差別化を図り、より精密な情報やベクトルの違う情報を搭載したのだろうと考えられる。

さて、サーフウォッチ。

リップカールの次世代ウォッチだが、実に世間のウェアラブルウォッチからすれば遅い登場だった。おそらく海の中という特殊性もあり、各社開発には時間をかけ現在に至ってきているが、ここに来て各社がしのぎを削りはじめたことで、より良い製品にブラッシュアップされる期待を感じさせる。

今後の差別化は、コスト以上に、ユーザーにとっていかに便利な機能を盛り込むか、ということが本質的には問われるに違いない。

そして、われわれ日本人にとっては、若干見づらい時計画面の改良や、多言語化が図りやすいアプリ側での日本人向けのインターフェース、表現への落とし込み。よりよいサーフィンライフを楽しむためのツールとして、さらなる改良に期待したい。

FREE STYLE
http://www.freestyleusa.com/

RIP CURL
http://searchgps.ripcurl.com/

NIXON
http://www.nixon.com/us/en/

※価格は各ブランド本国のHPにて表示されるドル価格であり日本の価格は別に設定されています。

田中 菜穂子 / BLUER 代表

田中 菜穂子 / BLUER 代表

BLUER代表。雑誌「サーフィンライフ」編集者を経てITに長年従事。2014年よりITメディアとプロダクトを融合させたアウトドアブランド「BLUER」を創設。
田中 菜穂子 / BLUER 代表

最新記事 by 田中 菜穂子 / BLUER 代表 (全て見る)

Tags:

SPONSOR LINK

BLUER SELECTOnline Shopping