Update:2015.11.17[Tue]Category : LIFE

海のあるくらし|茅ヶ崎市

[連載第1回]海のあるくらし
茅ヶ崎市 
Text by Yumi Hasegawa

湘南といえば、江ノ島と茅ヶ崎。
サザンオールスターズのおかげか
茅ヶ崎が湘南の代名詞のようなところがある。

子どもをもってから引っ越してくる家族も多い街。
ほんとうにブランドイメージは
合致しているのかといえば

実体は違うようだ。

本当は、茅ヶ崎は田舎。

それほどオシャレでもなく、観光客が来るような場所も少なく、目玉商品もない、と、茅ヶ崎に住んでいる人たちは言う。

けれども、ここが好き。

都会にならなくていいし、観光でうるさくならなくていい。ゆるいのが好き。

とも、茅ヶ崎に住んでいる人たちは言う。

 (画像:茅ヶ崎海岸ヘッドランド)

もともとブランド力があったのか、あとからブランドを作ったのか?

明治時代、湘南地域は外国人や政府要人の別荘地として開発が始まった。

一流の別荘地は、山があり北風を遮って温暖な大磯。

相模灘に向かって、さえぎるモノなく平坦地が続く、茅ヶ崎は別荘地としては二流地だったという。

だからこそ、警護、監視の厳しい政界トップの総理や、軍人のトップ大将などよりも、役者や学者、中将クラスが別荘を持った。

西洋に負けまいと新しい芸術運動や学術運動を担う彼らは、自由におおらかに活動して、田舎のくせに、どこか世界に通じているような気風が生まれたのかもしれない。

 (画像:地引網の釜揚げしらす)

茅ヶ崎は、決して「遊ばせてくれる」街ではない。

けれど、自分から何かをやろうとして、満喫している人は多い。

代表的なのは、マリンスポーツを目当てに、引っ越してくる人だろうか。

ウィークデイは、朝早く電車に乗って、夜まで仕事
ウィークエンドは、思いっきり地元活動を楽しむ
そんな人も多い。

 (画像:茅ヶ崎パーク)

大勢の中で争うのではなく、自分の歩幅で自分を磨く、それを楽しむ、仲間ができるといった、無理のないくらし方。

それは、画一的な良質ではなくて、自分になじんだ良質。

だから居心地がいい。

 (画像:自転車安全運転オリジナルプレート)

駅で電車を降りた瞬間、ほっとする。嬉しくなると口にする人が多い茅ヶ崎。

ブランドを超えた日常は、自分から生まれてきている。

*BLUER THINK&COMMUNICATION*
本件の感想や皆様からの投稿をお寄せください。BLUERにて写真や記事をご紹介させていただきます。
think@bluer.co.jp

The following two tabs change content below.
長谷川由美 / BLUER Writer

長谷川由美 / BLUER Writer

はせがわゆみ。湘南茅ヶ崎で市民劇団に参加して舞台や声音と音色でつくる語りの会湘南シレーネを主宰。また地域の情報を発信するニコニコ生放送「ゆみちゃんねる」を毎週木曜22時から配信。
SPONSOR LINK

BLUER SELECTOnline Shopping