Update:2016.02.09[Tue]Category : EAT

エクレール・フランボワーズ・ショコラ|しまかろんレシピ

こんにちは!BLUER writerの嶋田祥子です!本日は、フランボワーズをたっぷり使ったエクレアをご紹介します。

《レシピ》
◯エクレールショコラ(10本とプチシュー8個分)
牛乳 63
水 60
塩 0.3
グラニュー糖 5
バター 50
薄力粉 55
ココア 2.5
全卵 約2個

◯パティシエール
牛乳 188
卵黄 45
グラニュー糖 40
薄力粉 7
コーンスターチ 7
バター 12

◯フランボワーズガナッシュ(作りやすい量)※半分くらいあまります。
生クリーム38% 50
フランボワーズピューレ 50
トレモリン 5
ダークチョコ 130
バター 10

◯デコレーション
泣かない粉糖 〜
フランボワーズ 一つに5粒
フランボワーズジャム お好みで

《作り方》
◯エクレールショコラ
1.卵は常温にして溶いておく。ココアと薄力粉は一緒にふるっておく。ふるったら、器に戻しておく。

2.牛乳、水、小さく切ったバター、塩、グラニュー糖を弱火にかける。バターが溶けたら一気に強火で沸騰させる。

3.沸騰したら火を止め、こな類を一気に加え、ダマができないようにホイッパーでよく混ぜる。

4.生地がまとまったら、ゴムベラに持ち替え、再び火にかけていためる。

プレーンの生地よりかは、まとまりずらいが、このような感じでOK

5.卵を少しずつ加える。

生地をすくって、落としたときに二等辺三角形になるくらいまで卵を加える。

6.絞り袋、口金星口に生地をいれ、約12センチの長さに、絞る。

表面が乾いてしまうといけないので、水をきりふきで、かけておく。絞り終わりも水をつけた指でちょんちょんするとよい。

7.160度のオーブンで30分焼く。


こんな感じで焼き上がります。

◯パティシエール
1.牛乳を沸かす。卵黄にグラニュー糖、ふるった薄力粉、コーンスターチを加えて混ぜる。

2.卵黄に牛乳を加えて混ぜ、再び、牛乳をわかした鍋に漉して戻す。

3.中火〜強火にかけ、よくコムベラで混ぜる。とろみがでて、それからさらさらな状態になるまでやる。

4.暖かいうちにバターを加える。

バターが溶けたら、ボウルにうつし、ラップをし、氷水で急冷する。

◯フランボワーズガナッシュ
1.チョコを刻んで、湯煎で半分溶かす。トレモリンも一緒に計量。
フランボワーズピューレと生クリームを沸騰させる。

2.生クリームとピューレをチョコに加える。

3.バターを手の熱で柔らかくし、(ラップで包む)チョコに加える。

4.薄く広げて、冷蔵、もしくは常温で絞りやすい固さに調整する。

◯組み立て
1.波歯でエクレールの横に切れ目をいれる。

2.ほぐしたパティシエールを丸口9番で絞る。

3.ガナッシュを丸口6番で奥に絞る。

4.並べて泣かない粉糖をふるう。

5.フランボワーズを5粒はさむ。

6.お好みでジャムを隙間に絞る。

完成(^O^)

難しそうに見えて、実はパーツも少ないし、難しい絞りもないので、簡単に上品に、作れます!
フランボワーズかゲットできたら作ってみるべし♪

The following two tabs change content below.
嶋田 祥子 / BLUER Writer

嶋田 祥子 / BLUER Writer

しまだしょうこ。湘南のスィーツカンパニーであるクリエイティブガトー 葦(Ashi)勤務。現21歳。ケーキ屋さん巡りが趣味で、イラストつき食べ歩きノートをしたためる。お菓子が作れて魅力を伝えられるパティシエを目指して奮闘中。
SPONSOR LINK

BLUER SELECTOnline Shopping