EDITORS' NOTE

クールビズからトランクス・ビズへ。熱帯化する日本

Up date : 2018.05.04.Fri

熱帯化する日本は、そろそろ「トランクス」が必要なのではないのだろうか。

会社を発足して間もない2014年5月から、この“トランクス”というアイテムを作っていくべくリアルなプロダクトアウトが本格化して、BLUERはメディア事業のみならず、リアルなブランド事業を展開させることを決めた。

といってもBLUERはアパレル会社などと思っておらず【海山レジャー産業の活性化】をテーマとする会社。

トランクスは海で使用するユニフォームのようなものだから、トランクスが売れる=水辺レジャー産業の拡大に繋がると信じ、多くの人に履いていただき需要を拡大させる展開をして、今年で5年目。このトランクスも年々進化して品質も需要も、かなり右肩上がりに向上している。

そんな中。このトランクスという『海のナレッジ(知見・知識・英知)』を社会に還元できるのではないか、と昨年より開始したのが「トランクス・ビズ」。

熱帯化している日本で、真夏に長ズボンを履いて会社にいくのはかなり辛い。

環境省のクールビズは、そろそろ次のステージに行ってもいいのではないのか? と、トップスだけでなくボトムスを短くしたらどう? という提案をしていこうと昨年より取り組みを始動させた。

まったく新しい取り組みだけれど、よりリラックスして、気分よく仕事できた方がいいじゃない?

BLUERのトランクスへの取り組みは、今後もつづく。
Keep Unique, New style!!

●Model:Profile
西山俊(にしやましゅん)
1988年7月25日 神奈川県出身。2007年大学在学中にライフセービングブに入部した翌年よりオーストラリア留学、ライフセービング競技の花形でありもっとも過酷な種目「オーシャンマン」を始める。2009年に初の日本代表入りを果たして以降、同年に「オーシャンマン」全日本選手権準優勝、2011年には「オーシャンマン」全日本選手権初優勝。2013年にはライフセーバーとして消防士としての勤務も始動するも現在は競技へ集中し2015年、2016年、2017年「オーシャンマン」全日本選手権優勝は3連覇を達成。BLUER所属。

The following two tabs change content below.
田中 菜穂子 / BLUER 代表

田中 菜穂子 / BLUER 代表

BLUER代表。雑誌「サーフィンライフ」編集者を経てITに長年従事し、波情報をモバイルで発信する画期的仕組みをプロデュースするなどプロジェクトに15年携わる。その他、多くのエンタテイメントをITにより発信。2014年よりITメディアとプロダクトを融合させたライフスタイルブランド「BLUER」を創設。

Pick Up注目の記事

Hot Titleよく読まれている記事

一覧へ

BLUER SELECTOnline Shopping

SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
上へ戻る