Update:2020.04.20[Mon]Category : EDITORS' NOTE

水の人はグラウンディングの時


謎が解けたことがあって。

海、川やプールもそうかな、水のレジャーをこよなく愛するに人は、ぜひ瞑想をおすすめ。もっと端的に言うと「グラウンディング(Grounding)」、「アーシング(Earthing) 」をやるといいと思う。

以前に書いた記事
〝山がもたらす効果”〝海がもたらす効果” 同じ自然でも海と山が別物である
http://www.bluer.co/surfingnews/?p=38880

なぜ山人と海人は交わらないのか、という記事を補足する話になるかもしれない。

冒頭の「謎」というのは、かの有名なジェリー・ロペスや、ダイバーの故ジャック・マイヨールが、なぜ、あそこまで瞑想や禅にはまっていたのか?という疑問があって、いつか自分の記事で ”波との一体感を得るため” ”空になる、無になる”と書いた。現に彼らがそうインタビュー等で語っている。

でも解けた謎。実にシンプルなこと。「水」というのは結局ふわふわする。水の流れ、フローの中で生活すると良くも悪くも世間ズレしてくる。

これは、当の本人にとっては、生きる世界が変化しているので、自分はズレていると思っていない。しかし、あきらかに地上の根の生えた人にとっては、ふわふわして見える。すでに生きる世界が違うとはこのこと。

今回のような事が起こると、見解のずれが起きる。単にそういうことじゃないかな。

ジェリーとジャックが、なぜ、家で瞑想や禅をしていたか。ジェリーさんにいたっては山も愛したか。

彼らは、海系のアスリートだが、それは、地(地球的な理屈)との接合行為をしていたと思える。

 

「グラウディング」「アーシング」のやり方

(1)あぐらをかき(ヨガでは蓮のポーズともいうが、適当で)、地球の大地に座っているイメージをしよう。気持ちのよい大地にいるイメージをする。目を閉じるとノイズが入らないので良い。リラックスしながら。
(2)天からの光が降りてくる。その光が自分の脳天(百会)を通り、脳の松果体(サードアイ。おでこあたり)を通過し、ゆっくりと抜け、お尻から光を下ろし、地上に、その光を、ぐさっと刺す。
(3)お尻から出た光は、地球の中心にまでぐんぐん伸びてゆき、地球のご真ん中に突き刺すイメージ。これでグラつかない。加えて、
(4)お尻から地球に根を張っていくイメージをする。これで極めつけ。自分が「木」になったかのように。

 

寝る前はリラックスできて効果的だと思う。私の場合、上記は瞑想の一部となる。上記をやるだけでも十分なグラウンディングとなる。

ちょっと神がかった、神秘的な話で申し訳ないのだが、この十分なイメージにより、ふわふわとせず生きる第1歩となると思う。

※photo by 1995年発刊「SWITCH」Sleeping Giant特集の中のジェリー・ロペス氏のページを俯瞰撮影。私が人生でもっとも最高傑作と思う海人の特集記事。写真の写真を掲載させていただいた。

Words by Naoko BLUER Tanaka(田中菜穂子)

SPONSOR LINK

BLUER SELECTOnline Shopping